NEW & お知らせ  白樺堂

<2016年12月、浅間火山チョコ > 新発売! ※数量限定販売品  1箱15枚入り800円(税抜き)

 白樺堂の「たっぷり果実苺ジャム」を使った赤い苺ソースジュレを、活火山浅間山のマグマに見立てて、
山の形のホワイトチョコレートの中に入れました。
 苺ソースジュレとホワイトチョコレートの相性も良く、一口サイズのかわいらしいサイズで、
軽井沢ならではのチョコレートです。

 パッケージもおしゃれで品のあるデザインで、贈答用にもお勧めです。

※製造上の都合により、3,000箱のみの限定製造、販売の予定です。完売、販売終了時はご了承下さい。
今の所、以降の製造予定はございませんので、この機会にお早めにお求め下さい!
※チョコレートは28℃以上で溶けますので、27℃以下での保管、お取扱いをお願い致します。

 

<2016年12月、太陽のジャム 信州産ブルーベリー> 新発売!  75g入り350円(税抜き)

 自社に設置した太陽光発電のエネルギーのみでたっぷりの果実を煮上げて造ったジャムです。

ジャムを煮上げるのに二酸化炭素の排出は0です!

環境にやさしい新しい時代のジャムです。
軽井沢の太陽の恵みのたっぷり詰まった「太陽のジャム 信州産ブルーベリー」、是非お試し下さい。


2016年6月、太陽のどら焼 つぶつぶプリン生どら> 新発売!  1個250円(税抜き)

 自社に設置した太陽光発電のエネルギーのみで焼き上げたどら焼きの皮で造ったどら焼き、
「太陽のどら焼 つぶつぶプリン生どら」、を発売致しました。

 どら焼きの皮の焼成では、二酸化炭素の排出は0です!!

 中には、白樺堂の生どらでも一番人気のプリン生どら焼と同じ、粒々のプリンと自家製カラメルゼリーの
特製クリームをサンド致しました。

 このどら焼きの皮を焼き上げるのに、ガスや電力会社からの電気を使っておりませんので、環境にとてもやさしい商品です。
目指したのは、みらいの味のお菓子です。
 未来のお菓子も、新しい再生可能エネルギーだけで造る時代も来るのではないかと思い、その先駆け的な商品を目指して開発致しました。

 お味の方は、どら焼きの皮のふっくら感が増したようで、環境にやさしいクリーンなイメージと共に、
一層おいしく感じて頂ける事を願っております。

 二酸化炭素などによる地球温暖化も大きな環境問題となりつつありますが、新しい時代のお菓子、
軽井沢の太陽の恵みがたっぷり詰まった、環境にやさしい未来の味のお菓子、是非一度お試し下さい。

 


<2016年5月、モンドセレクション 金賞受賞 >

 
世界食品コンテスト、モンドセレクションにて、2016年、

 「軽井沢タルト クルミ&アーモンド」 箱詰め、  7年連続金賞受賞!

 「たっぷり果実苺ジャム」、 2年連続金賞受賞!

軽井沢タルトに続いて、ジャム製品も金賞を受賞しております。




<2015年2月、
農林水産省食料産業局長賞受賞 >

 農林水産省外郭団体、公益財団法人食品流通構造改善促進機構により、食品製造小売業の、
優良経営企業として、農林水産大臣賞に次ぐ、農林水産省食料産業局長賞を受賞しました。
 



<2014年7月、軽井沢プリンスショッピングプラザ、ウエスト、「しらかば」店 
リニューアル >

 
軽井沢プリンスショッピングプラザ、ウエスト、「しらかば」店がリニューアルオープン致しました。



<2013年5月、白い苺ジャム > 
新発売  65g入り、500円(税抜き)

※容量とお値段は変更される場合があります。

※数量限定のとても貴重な商品です。常時製造し在庫のある商品ではございません。
 もしもお店でお見かけした時は、お見逃しなく!

 なんと、苺の粒の中の白い部分のみを地道に切り出して、その白い部分のみで造ったとても貴重な、白い苺ジャムです!
お味の方は、まるで白桃や完熟した洋ナシの様なとてもまろやかな舌触りです!
 苺でありながら、全く別の果物のようです。
 もしもお店でお見かけした時は、お見逃しなく!



※左:白い苺ジャム、 右:通常の苺ジャム

(右の通常の苺ジャムのこのビンのサイズの販売はございません。写真は比較用見本です)



<2012年4月、 浅間火山岩最中 > 
新発売  1個200円(税抜き)

  
ごつごつした浅間の火山岩のような黒い最中の皮の中に、マグマに見立てた,
 どろりとした赤茶色のくるみ入り餡を入れました。
 白樺堂の新しい商品です。浅間の火山岩のようなお菓子、是非一度お試し下さい。






<2011年4月、自家製 軽井沢特製ドレッシング>
 新発売 1本420円(税抜き)

 軽井沢の新しい味!

         隠し味は軽井沢のジャム!  

軽井沢と言えばジャムですが、その軽井沢で造られた自家製のジャムを隠し味にした、「軽井沢特製ドレッシング」!

 白樺堂オリジナルの新しいアイデア商品、軽井沢ならではの新しい味です。
 とってもフルーティーでさわやかな味わいです。是非お試し下さい。


・和風しょうゆ   いつもの定番に
・ネギ塩レモン  焼き肉などの塩だれとしてもおいしく頂けます。 
・トマトバジル   トマトとバジルの風味がイタリアン風の味わいです。女性に人気で、1番人気です!




※大変申し訳ありませんが、こちらの商品はまだあまりたくさん製造しておりませんので、品切れの際は
ご了承下さいませ。販売店も数店舗と限られています。



<2010年4月末、プリン生どら焼き> 新発売  1個250円(税抜き)

 
 白樺堂の人気の生どらの新しい味。
粒粒牛乳カスタードプリンと、ぐつぐつ煮込んだ
まろにが自家製カラメルを混ぜ込んだ、
生クリームがとってもニコニコ!

現在の販売店舗は、
駅前通り店と、軽井沢プリンスショッピングプラザ内、
ウエストエリア内一部店舗で発売中。
販売していない店舗もありますのでご注意ください。
詳しくは各店でお尋ね下さい。

※クール宅配便による冷凍発送も可能ですので、お電話またはメールにてお問い合わせ下さい。

※あまりたくさん製造しておりませんので、品切れの際はご容赦下さい。

<2010年4月中旬、軽井沢レトロン> 新発売 

 軽井沢の昔懐かしの時代、軽井沢のテーマ、
「美しい村」をイメージしたお菓子。
 くるみ入りの餡を詰め込んだ和風生地を、
洋菓子用オーブンで焼き上げた
焼いたおまんじゅうのようなお菓子。
麦の風味が香ばしく、緑茶によく合いそうです。

 

<2010年3月、レモンジャム>  新発売  150g 500円(税抜き)
 
 レモンのピールがたっぷりと入った
レモンマーマレードタイプのジャム。
さわやかなレモンの味が生きています。
 お店では、時々レモンジャムのセール
をすることもありますので、
お店で店員さんにお尋ねください。




<2010年3月、軽井沢タルト 桜物語 > 季節商品
  

 
春限定販売の「軽井沢タルト、桜物語」です。軽井沢タルトの桜バージョン
です。塩漬けの桜の花を刻んで生地に練りこみました。
 
 昭和30年代に、白樺堂創業者の夫小林源一が、数年間に渡る満州抑留といった戦争のつらい経験などから、
世の中を明るくしようと、たばこを禁煙して貯めたお金で、桜の植樹活動を10年近くに渡って行い、
合計約1万本以上の桜を植樹したり、苗木を配ったりして、現代の花咲じいさんと親しまれたそうです。
 
 そして2008年に、孫で白樺堂取締役の小林康二が、同じように禁煙をして貯めたお金で、
桜の植樹活動をしました。今でも、軽井沢周辺で見かける桜の1つには、そうした桜もある事と思います。
 そして、「軽井沢タルト 桜物語」は、その時の記念にと作ったお菓子です。

 これが「軽井沢タルト 桜物語」にまつわるエピソードです。 桜の季節には、
美しく咲く桜と共に、軽井沢タルト 桜物語をお楽しみ頂けますと幸いです。

  舞う花の 淡日(たんび)を透かす 幻想の
    春の桜の 思い受け継ぐ    (3代目)



<2010年2月、ゆずジャム> 
数量限定新商品
  
 この冬、軽井沢の地元周辺(お隣の下仁田町など)で採れたゆずを使って、
ママレードタイプのゆずジャムを造りました。白樺堂初のゆずジャムです。
もちろん、砂糖控えめで、ゆずをふんだんに使っており、原材料の中でも、
ゆずの割合が一番多いです。右側の写真は、採れたてのゆずです。
今回数百個しか造っておりませんので、お早めにどうぞ。
ヨーグルトに入れても、とってもおいしいです。



<2010年2月、 かりん茶> 
寒い時期に、ぽかぽか あったか! 
 
のど飴のフレーバーなどになっている
かりん。信州産かりんの果肉をたっぷり
使って、ハチミツとしょうがを絶妙に配合
して仕込みました。
 ゆず茶のように、お湯に溶かしてお召し
上がり下さい。濃いめに溶かすのがお勧
めです。
 なかなか見かけられない珍しい1品です。

 

<2010年1月、ふじりんごジャム> 
限定 復活!
 
お客様のご要望、お問い合わせにより、
この度、ふじリンゴジャムを数量限定復活
致しました。
紅玉リンゴと違い、皮をむいたので、
リンゴの果肉の黄色が印象的です。果肉感も
しっかりめに残っています。
この機会に是非、違いをお試しください。




<2009年高原の牛乳クッキー、数量限定品>
<2008年12月末 雪のタルト 〜数量限定季節商品>
<2008年11月下旬、 黒糖栗どら焼き、 数量限定季節商品>
<2008年8月上旬>軽井沢ブルーベリー

<2008年7月下旬>花豆の花開花>
<2008年6月下旬〜7月上旬杏>

<2006年〜2007年、 機内食茶菓に、軽井沢タルトが採用されました >

 軽井沢タルトが、キャビンアテンダントが選んだ人気のお菓子として、大手航空会社の国内線機内食茶菓に採用され、機内で約15万個が配られました。